FC2ブログ

路地裏

鍛冶師の手記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

極上の人生?


生きるとは食べる、である。

かつてそう私の師が言っていたのだ。

意味合いとしては 生きるとは勝つ、である。だったのではないかと今は思う。



すれば、食べる よりも 喰らう であろう。


何気ない日常の風景



単純に考えたとき

確かに人間や動物は個を維持するために外部の何かを摂取し、エネルギーを補う。
ここで見るべきは”必要”だと言うこと。
要はいかなる手段を用いてでも遂行しなくてはいけない。・・そうでなきゃ死んじゃうからね。

で、我々人間種はその知性と行動力によりそれなりに自由がきく摂取生活を送れる。


では自由がきかない種族はどうなのだろうか。
いや厳密には、自由がきかない種族という表現は正しくはない。
特定の状況下では種族という縛りも関係はなくなるからだ。


それは植物。それは動物。それはホムンクルス。それは魔物。それは人間。


彼らは与えられた状況を生き抜くために進化を続ける。
キーワードは”効率”。
効率化によって厳しい環境を生き抜き、勝ち抜くのだ。

エネルギー消費の効率化 に エネルギー生成の効率化。

そしてなにより エネルギー摂取の効率化。

そこから分岐する様々な進化形。


生命の本質は喰らうところにあり、

この世界は”食意”に満ちている。





何気ない日常の風景(食事時)

スポンサーサイト
  1. 2007/03/30(金) 21:30:15|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
<<現実逃避? | ホーム | to fly high>>

コメント

プロフィール

記録者:tkm(※一番左)
('A`)ノ
鍛冶師
ルーンミッドガッツ王国在住

最近の記事

カテゴリー

リンク

リンク2

  • MiniMi@RO 様
  • らぐどっと 様

  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。